Check out the Latest Articles:

【ご参考】

国家公務員総合職経験者採用用試験合格者、いわゆるキャリアの中途採用組、の
官庁訪問(だいたい今週中11/17~21)は、いずれも基本は受験番号・名前・電話
番号・希望日時をメール登録するだけなので、
もし霞が関に来るなら、ついでに他省も聞いてみてもよいのではないでしょうか。

○財務省 (11/15(日)予約〆、面接日は原則17(月)-19(水))
※財務省キャリアは中途も留学や昇進面で新卒と同等。財政政策(予算・税制・政
策金融etc)、マーケット(国債・為替etc)、海外(国際金融、貿易・関税etc)
、その他出向(首相官邸や大使館、IMF・世界銀行 etc…)など様々な分野を経験
できる。

http://www.mof.go.jp/about_mof/recruit/mof/26keikensha.html

○総務省 (11/14金18:15〆で、訪問様式をダウンロード印刷し、顔写真2枚貼っ
て持参、と他省と比べちょっと一手間面倒、)
※特に旧・自治省系キャリアは、5年目までに市町村の要職(財務部長)とか地方
自治体の有力出向先が多く、政策立案と執行(現場)の二面が早くから体験できる

http://www.soumu.go.jp/menu_syokai/saiyou/keikensya.html

○農林水産省 (11/14~20まで毎日18:00〆,面接日は原則11/17-21)
※「食」に関わる多くの部局を持ち、党の部会と多くの食の政策を決定。大使館や
FAO、地方出向など幅広い勤務先を持つ。一方で、全国の美味しいものに詳しくな
れる、超専門な係(キャリアが行くことはないようだが、きのこ係長、馬係長、乳
製品係長など多数)があったり、2年目に農村に1ヶ月派遣される研修などユニー
クな一面も。

http://www.maff.go.jp/j/joinus/recruit/keiken/1zimu.html

○人事院 (11/14から予約開始、面接日は原則17-19)
※小規模な組織ながら、霞が関各省庁の人事制度や給与等の関連で各省庁への出向
先を豊富に持つ。

http://www.jinji.go.jp/jinjika/main.htm

○警察庁 (まず電話で予約、詳細はそのときに聞くようにと)
※全国の警視庁・道府県警のトップ組織、”踊る大捜査線”のあの世界観。警察大
学校で学び、現場(交番)勤務からロースクール留学まで幅広く知見を積む。

http://www.npa.go.jp/saiyou/leaflet/H26_keikensha_houmon.pdf

○国土交通省 (11/14 23:00〆 面接日は原則11/17~19)
※旧・建設省、旧・運輸省など、配属部局によりカルチャーの異なる巨大官庁、文
理問わず技官でも次官になり得る。2年目に海上保安庁での船上研修などユニーク
な一面も。最近は観光庁がよく他省と連携してる。不動産鑑定士や一級建築士試験
はここが管轄。

http://www.mlit.go.jp/saiyojoho/event/keikensha-kanchouhoumon.pdf

○文部科学省 (11/14まで予約受付、面接日は18-19まで、原則)
※オリンピック他スポーツ・文化ものや、宇宙開発・医療技術開発もの、小中学校
の土曜日教育や大学のグローバル化など、文理問わず幅広い活躍の場。霞が関で最
も綺麗な7号館勤務。

http://www.mext.go.jp/b_menu/saiyou/1353450.htm

○内閣府 (11/14まで予約受付、面接日は17-21まで、原則))
※内閣府キャリアは試験区分問わず事務官としての採用、各省に基本方針などの形
で指示を出すなど省庁横断的な目線を少数で。マクロ経済もの多め。個別テーマに
は、男女共同参画、防災、北方対策、沖縄政策、日本学術会議、経済財政運営、経
済財政分析、政府広報、国際平和協力、などなど。

http://www8.cao.go.jp/jinji/saiyo/index4.html

○金融庁 (11/17-25まで予約・面接とも受付)
※平成12年からの比較的新しいキャリア組、財務省や内閣府と近いが独立別人事制
度で留学時期も早い。各金融機関の監督・検査だけでなく、国際銀行ルール策定な
どHOTな分野も多い。公認会計士の試験もここの管轄。霞が関で最も綺麗な7号館
勤務

http://www.fsa.go.jp/common/recruit/info/2014/20141117visit-general.html

○経済産業省 (11/18火曜20:00予約が最終〆、面接日は原則17-19)
※戦前からの産業育成・振興策から、巨大独法JETROを抱えた貿易促進策まで。昨
今では産業の新陳代謝・イノベーション、中小企業、資源エネルギ、特許、原発、
あらゆる分野の施策に関わる一方で、激務か処遇への不満か民間企業への人材流出
が多いという一面も。

http://www.meti.go.jp/information/recruit/26_keiken_houmon.html

○環境省 (11/14 23:00までと17午前中までで予約〆、面接日は17-21まで)
※設立40年ちょっと2000人規模と少数精鋭ながら、霞が関から地方公共団体まで、
災害対応・大気・水・気候変動・自然保護・公害予防と多岐に渡る分野での経験、
海外でも環境関連ポジションへ(EU日本代表部、OECD、国連、ほか)

http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x5/attach/141111.pdf

○会計検査院 (詳細情報掲示なく要問い合わせ)
※国の収入支出の決算、政府関係機関・独立行政法人等の会計など検査を行う憲法
上の独立機関。嫌われ役になりがちな職務だが、他省庁のような突発業務が少なく
ワークライフバランスを維持しやすい一面も。霞が関で最も綺麗な7号館勤務。

○厚生労働省 (詳細情報掲示なく要問い合わせ)
※最も消費者に密接な政策を行う観点から、予算規模最大、抱える法案多数、国会
もよく当たるなど、どうしても人員数に対しての作業量が多く、平均残業時間が霞
が関随一になってしまいがち(事務系の中でも厚生政策、労働政策、他に医系技官
や労働監督局採用など採用区分が非常に多岐に渡るため一概には言えませんが)。
医師国家試験ほか、国家試験を多数管轄。

平成23年の確定申告も残すところ2日となりました(3月15日の8時30分~16時まで)

今年はFinance/Tax関係のミドルオフィスの先輩から確定申告も医療費控除はそれなりにインパクトあること多いからやっとくといいよーと薦められたのでトライしてきました(特に医療費控除は所得控除なので、ボーナスとかで一時的に所得上がった→それを一部押さえ翌年の所得税負担をおさえる効果もあり)

なにより目先の効果として。自分(および彼or彼女)が、個人事業主や高額所得者ではなくとも税金還付(キャッシュバック)の可能性が高いので手元試算してみるとよいかも!ざっくりいうと

・(震災とかで)寄付実施。その領収書が手元にある場合、その額について

・医療費+通院にかかった医療交通費の総額(うち10万円超過分)について

→上記の額の1~3割(これはあなたの所得による)くらいかえってきます

 

確定申告、どうも難しく思えるけど、はじめての確定申告も【下記の税務署の相談コーナー】に行けば職員が手取り足取り教えてくれました(パソコンはじめてなおじいちゃんから、源泉徴収ナニソレ?とりあえず持ってきたわ!な専業主婦まで色々いらっしゃるのです。。。)

http://www.nta.go.jp/tokyo/topics/shinkoku/tokyo.htm

【必要なもの】

・源泉徴収票(原本)

・該当する領収書(※平成23年1月1日~12月31日までの分)

・振込を受ける口座情報(メモ書き)

上記3点があれば自分以外のを代行してあげるのも簡単。はじめてで相当不慣れな私も一時間以内でDone。

※ちなみに医療費控除に関して目からうろこだったのが、医療交通費はもっとも安い経路での公共交通機関での交通費は領収書なしで(通院タクシー代も領収書ありなら)加算できるとのこと。地味に一医療機関あたり交通費だけでも数千円~一万円前後になることが多いので計算してみる価値はあるかも

=======

(例)H23年 医療交通費 XX,XXX円

=片道XXX円×往復×通院○日 (※各通院日は別途すべて記載)

(JR●~JR●~メトロ●)

=======

※出し方:医療交通費メモ書き入れて、医療費+医療交通費の総額を封筒(なんでもいい)に明記し、各医療機関ごとにまとめた領収書を入れ、ノリ綴じ提出。その場でつき返されたりはしません(こわくなかったよ!ポストに投函する感じ)。後日すんなり通っていれば1~2ヵ月後に指定口座に振り込まれています。わくわく楽しみ。

以上、ご参考まで!

て、なにが110%なのか。・・・それは「男子に対する女子の比率」がです。 意外なことに日本政策投資銀行(DBJ)が興味深いレポートを出しています。 http://www.dbj.jp/pdf/investigate/ar [...]